プルエストの洗顔方法は超らくちん!ズボラ女子にも保湿効果がでてきたよ

プルエストの使い方

プルエスト洗顔料の使い方は超カンタンです!

こんにゃくのスクラブで保湿効果を最大限に引き出すための顔を洗うポイントをまとめました。

毛穴の黒ずみもクリアになるプルエストでしっとり洗顔方法お教えします。

⇒ 使い方も簡単なプルエスト洗顔の詳細

▲ 20%割引で購入できる窓口ページ ▲

プルエストの効果的な使い方

プルエストはさっぱりしっとりとする保湿剤で洗顔するというコンセプトで、美容皮膚科医の先生と共同開発された洗顔ジェリー。

普通のもこもこ泡立ち系の洗顔料とは少し違います。

プルエストでしっとり洗顔効果を発揮するための使い方を解説しますね。

基本の使い方

まずは基本的なプルエストの洗顔方法から

  1. 顔を濡らします
  2. プルエストを泡立てずにつける
  3. 顔全体をマッサージする
  4. マンナンの粒がなくなるまですすぐ

これがざっくりとしたプルエストの使い方になります。

続いて注意すべきポイントを解説していきますね。

プルエストで顔の洗い方

顔全体をしっかりと濡らす

洗顔の最初は、顔全体を水かぬるま湯でしっかりと濡らすことからはじめます。

洗顔する前のお肌には、寝ている間や普段の生活を過ごす間にも空気中の埃や汚れがたくさんへばりついています。

こうした微細な異物がついたままで洗顔工程をはじめてしまうと、肌をチリなどでこすることになってしまい逆にダメージを与えることになってしまいます。

洗顔料を使い始める前にはしっかりと水分で顔を濡らして、汚れをさっと流すようにして下さい。

もちろん、顔を濡らす前にハンドソープなどで手の汚れも洗い流してくださいね。

プルエストを泡立てずに洗う

プルエストを1回の洗顔で使う量は、500円硬貨くらいの大きさと思って下さい。

手のひらに500円玉くらいの量をチューブから出します。

そしてそのまま泡立てずに顔に乗せます。

洗顔フォームなどをたっぷりと泡立てる洗顔方法が最近では主流になっていますが、モコモコになった泡は洗浄力が強力すぎるんです。

敏感肌の方や乾燥肌の方にとって、きつすぎる洗浄力は肌ダメージが大きすぎます。

顔全体をマンナンジェリーでマッサージ

マンナンジェリーのぷにぷに粒を顔に感じながら、指の腹を使って転がすようにやさしくやさしく顔全体をくるくるマッサージします。

プルエストに配合される美容成分や保湿成分を素肌に染み込ませるつもりで、マンナンジェリーを塗り拡げて下さい。

マッサージすることで皮脂の表面や毛穴の汚れをマンナンジェリーが浮かして、吸着するんです。

粒をしっかりとすすぐ

最後に水かぬるま湯で、マンナンの粒がなくなるまでしっかりと洗い流して下さい。

すすぎが不十分だとマンナンの粒に吸着された汚れまで顔に残ってしまうことになります。

せっかく浮かした汚れなので、しっかりとすすぐようにして下さい。

マンナンのつぶつぶ感が消えたら、洗い流しが完了していると考えていいでしょう。

プルエストの洗い方動画

プルエストの洗顔方法について、公式サイトから動画が出ているので参考に載せておきますね。

プルエストの洗顔方法動画

▲ 画像をクリックすると動画が始まります

効果的な洗顔になるためのポイント

プルエストは泡立てずにそのまま顔に乗せるのですが、このときマンナンジェリーがぽろっと顔から落ちてしまうことがあります。

こうならないように

  • しっかりと顔を濡らす
  • 角度的に顔をそらし気味にする
  • 落ちてもいいようにお風呂で使う

このような工夫をすることでしっかりとプルエストで洗顔できて、より保湿効果を感じることができます。

ぜひ参考にして効果をご自身の肌で試してみて下さい。

洗顔回数が多すぎても逆効果に

洗顔は回数が多ければ多いほど効果が出るわけではありません。

逆に顔を洗う回数が増えればそれだけ皮脂表面の自然なバリア機能まで落としてしまうことに繋がります。これでは逆効果です。

実際顔の表面の皮脂は、異物や乾燥から真皮を守ってくれているんです。

だから洗顔は朝起きてすぐと、夜寝る前の1日2回とか、回数をこれだけと決めてしまいましょう。

実際、多くの方が朝晩だけの洗顔で効果を感じているようです。

さっぱりしっかり洗顔が好きな方には物足りないかもしれませんが、敏感肌や乾燥肌の方には、朝晩2回のプルエスト洗顔がやさしく保湿しながら素肌をきれいに保てるのでおすすめです。

⇒ プルエスト洗顔の公式サイトへ

プルエスト購入窓口

私がやっている乾燥肌対策

乾燥肌に悩む方から実践されている乾燥肌対策についての口コミが届いたのでご紹介します。

乾燥肌さんの口コミ(1)おでこの乾燥はコレで解決

この年になると肌が乾燥するのは日常茶飯事で特に驚くようなことは何もありません。40代で肌が乾燥しない人なんていませんよ。顔はもちろんのこと全身の乾燥が進んでかゆみに悩んでいる人がどれくらいいることか・・・。私はおでこの乾燥に困っていますがおでこが乾燥することも当たり前だと思いながら対処しています。

私は前髪も横の髪も全部後ろへ持っていってヘアゴムでまとめているのでおでこが乾燥しやすいです。前髪でおでこを隠せるなら少しは乾燥から守れるかもしれないですがオールバックでそれは無理。おまけにおでこが広いから乾燥するとシワが出て見苦しい。おでこにシワができた顔って間違いなく老けて見えますから。

コレは一刻も早くなんとかしなくては・・・と化粧水をたっぷりつけました。だけどぜんぜん効果なし。しっとりタイプの化粧水ならどうだと使ってみたけどコレも効果なし。化粧水だけじゃおでこの乾燥はどうにもならないんです。

それでなにがよかったかというと保湿クリームだったんですね。べたついて埃が付きやすいから保湿クリームは使いたくなかったんですが薄くのばしたらべたつかないしおでこもしっとり。老けて見えるシワも目立たなくなりました。

(45歳 Bさんの口コミ)

乾燥肌さんの口コミ(2)保湿の前に、角質ケアから

私は昔から乾燥肌で、コスメカウンターで水分量や油分量を測ってもらうと、決まって両方足りな過ぎという数値が出ます。

特に秋から冬は酷いものです。

それなりに保湿には力を入れていていますが、乾燥の季節はファンデーションのノリが悪く粉をふいたように見え、そうなるとツヤもなく、見るからに老けて見えるのが
悩みでした。

もうファンデーションを塗るもの嫌になり、最近はスキンケアのあと日焼け止め効果のある下地を塗り、お粉で終わりというシンプルなメイクで終えていました。

おかげで気になるシミや肌の色むらをカバーすることができず、鏡を見るのも嫌になっていました。

少し前に、いつもいくコスメカウンターで、美容部員さんに古い角質が肌に残っていると、どんなにスキンケアを頑張っても、肌に必要な成分が入っていかないことがあると説明を受けました。

年齢を重ねると代謝が悪くなり、若い時のように正常にターンオーバーしてくれないとのことでした。

そこで洗顔後にふき取りタイプの、角質をやさしく取り除く美容液をすすめられました。

試供品をもらって試してみたところ、その後の化粧水、美容液などがするすると肌に入っていく感覚があり、翌日の肌がツルツルで、化粧のノリも良かったことから、現品を購入しました。

おかげで気になっていた肌のザラザラ感が少なくなり、肌の調子がとても良いです。

角質ケアを取り入れてから、そんなに経ってないのにこんなに効果があるなんて。

乾燥対策のために、いろいんな化粧品を試していましたが、古い角質をそのままにしておくと、どんなにスキンケアを頑張ってもダメなんだということを知りました。

(Nさん 48歳)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする